お知らせ
2002年12月10日

オーム サイ ラム

書籍『神のうた』について

2002年11月に某出版社より『神の詩』という本がババ様の御講話集として出版されましたが、この原本である英語版、"Bhagavan Sri Sathya Sai Baba's Discourses on the Bhagavad Gita" (Prasanthi Nilayam, India 1988) の編集者(アメリカ人)は、御講話を英語に翻訳する際、不適当な翻訳を施し、自らの考えと言葉を、あたかもババ様の御言葉であるかのようにこの本の中に盛り込みました。

このことが発覚して以来、ババ様はこの英語版の出版を承認されておらず、著作権を所有するインドのシュリ サティア サイ ブックス アンド パブリケーションズ トラスト(SSSBPT)からの出版も禁止されています。そして、10年以上にわたって、この本はSSSBPTの刊行物リストから抹消されており、アシュラム内の書店のみならず、アメリカやその他の国のサティア サイ オーガニゼーションの書店でも、販売が禁止されています。

また、この編集者はかつてアシュラム内に住んでいましたが、別な件で重大な不品行があったため、何年も前にアシュラムへの立ち入りを禁止されました。

すべての国における、すべてのババ様の御講話と御著書の著作権は、SSSBPTが有しており、日本における翻訳出版の著作権はサティア サイ オーガニゼーション ジャパン(SSOJ)がここから独占的に許諾を受けています。『神の詩』はSSSBPTまたはSSOJから版権を取得することなく、違法に出版されたものです。

このように不適当な翻訳がなされ、かつ違法に出版されたものであるため、アメリカやその他の国のサティア サイ オーガニゼーションと同様、サティア サイ オーガニゼーション ジャパンでも、この本をスタディーサークルやその他の活動において使用しないことにいたします。

また、インターネットのホームページにババ様の御講話を度々掲載しているサイ・フォーラムの代表者は、SSSBPTよりババ様の御言葉を無許可で翻訳・掲載することを中止するよう、数回に亘り文書による通 告を受けています。

翻訳者、出版社、および販売店の皆様には、規則と規律をお守りいただき、無許可での出版を中止して、版権の取得という手続きを踏んでいただきたきますよう切にお願いするしだいです。

 

サティア サイ オーガニゼーション ジャパン
サティア サイ 出版協会